ZEH ゼロエネルギー住宅は奈良不動産へ

TEL048-524-1105
お電話受付:9:00~18:00 

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置付けられています。

そこで、これまでの省エネに加え「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い=ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の暮らしに注目が集まっています。
政府は2020年までに標準的な新築住宅での実現を推進しています。

ZEH 今後の普及率目標

ZEHビルダー登録メーカーは国(経済産業省)から平成32年にZEH普及率が50%以上になっている事が求められています。

また、ZEH住宅の建築にあたり、補助金125万円が出ますが、ZEHビルダーの登録のない業者様で建築した場合は補助金を貰うことができませんので、ご注意ください。

平成32年度までの弊社目標値(経済産業省提出済み)Nearly ZEH(概ねゼロエネルギー)含む

平成28年度 10%

平成29年度 30%

平成30年度 40%

平成31年度 50%

平成32年度 60%

ZEHの周知・普及に向けた具体策

私たちは物語のある家づくりをコンセプトにお客様が無理せず、自分らしく暮らせる持続可能な家づくりを提案しています。

そこには地球環境を考慮し自然エネルギーを利用する「パッシブ」な家づくりをお客様にすすめる必要があると考え設計の段階からプラン計画に反映させ、躯体の断熱性を高め、エアコン等高効率な設備を利用することでエネルギーが削減され、省エネで快適な建物となると考えています。そこへ太陽光発電を設置することで、最終的に消費エネルギーをゼロにできるZEHの住宅が出来ることをHPや広告等により周知・普及しさらに販促資料などを作成し協力業者様・近隣の店舗などへも周知・普及したいと考えています。

ZEHのコストダウンに向けた具体策

断熱性を上げ、高効率な設備機器を導入することが基本になります。また基本計画段階でコンパクトな設計を心掛け、地域の気象データに基づき方位、敷地、開口部の位置を把握し、太陽光と太陽熱、そして風を活用した設計を行い、光熱費を抑えることが大切になります。この設計計画をすることにより、太陽光パネルの配置も検討でき効率の良い創エネルギー化が実現可能となることで費用を抑えることになります。

その他の取り組みなど

弊社には2つのモデルハウスがあります。一つ目は「地域とのコミュニケーションの場」をコンセプトとしたモデルハウス。2つ目は「小さく建てて、大きく住もう」をコンセプトとしたZEH対応住宅です。各フロアーに温度計を設置しいつでも携帯・パソコンから確認出来る「見える化」になっています。この住宅データを1つ目のモデルハウスやホームページに掲載し、ZEH住宅の違いをアピールしたいと考えています。

↑ PAGE TOP